すっぴん美人になれる|美肌に近づける化粧品

レディー

美しい肌になるために

短髪の女性

肌本来の美しさとは

本来の肌はプルプルと弾力性があって、いわゆる赤ちゃん肌と呼ばれる状態です。肌の常在菌もたくさん存在し、ベストな肌状態となっています。肌状態が年齢とともに崩れていく理由は、乾燥や紫外線、ストレス、食生活なども関係しますが、実はスキンケアにも問題があります。確かにファンデーションは肌を美しく見せてくれますが、美肌に変えるアイテムではありません。紫外線から肌を守ることはできますが、塗りすぎると肌本来のプルプル感、免疫力などに影響します。社会人になれば化粧は身だしなみではありますが、家にいるときはなるべくすっぴんを心がけましょう。忙しくても就寝前には必ず洗顔をして化粧を落としておきます。美肌は就寝中につくられるので、就寝前に肌を整えておく必要があります。

スキンケアは必要なのか

美肌の秘訣は肌本来の機能を活かすことにあります。すっぴん美肌になるためには、洗顔のときにこすらないのがコツです。ゴシゴシとこするほど肌を敏感にして、弱くしてしまうのです。洗顔石鹸はなるべく無添加タイプを選び、泡をたっぷりと作ってから洗います。泡が少ないと洗浄力が低下するので、無意識のうちにこすることになります。スポンジでこすったり、爪で引っかいたりするのは避けましょう。洗顔をしたら化粧水を多めに使用し、あとはすっぴんの状態でOKです。むしろすっぴんのほうが肌呼吸がスムーズになり、肌機能を高めることができます。美容液やクリームなどはとりあえず使用をやめて、しばらく肌の様子を見てみます。最初は不安になるかもしれませんが、あえて使わないことで肌の抵抗力が自然と上がっていきます。